文-AYA-

意味解析が開く、自然言語の世界

文-AYA- とは

文-AYA- は、日本語意味解析ツールです。文章を入力すると、形態素解析、係り受け解析、意味解析を高速かつ高精度に行います。 大学での、15年間の研究成果を生かした本格的な意味解析ツールです。

Ayaでは、まず、文章を形態素・文節に区切り、文節を頂点、係り受けを辺とした意味グラフ構造にまとめ上げた後、 形態素の意味をEDR辞書約40万語意の中から、また、文節間の係り受けの役割的関係である深層格をEDRおよび独自定義の30種の中から決定します。 時制、アスペクト、モダリティも解析できるので、「食べる」、「食べた」、「食べたい」の語意以外の意味もきちんと区別し、 文を書いた人の態度やニュアンスなど、より細かい情報も得られます


意味解析ツールは、以下への応用が考えられます。

  • 語義解決
  • 検索、あいまい検索、類似文・文書検索
  • 質問応答、自動要約
  • 文書分類
  • データマイニング、blogからの情報抽出

利用者には、Ayaによる解析結果の意味グラフを入力し、各文節の各形態素に対する語意、係り先への深層格、時制、モダリティ、さらに、各語意が特定の語意を上位概念に持つかどうかなどを調査するC#プログラムを構築するライブラリと事例プログラムが提供されます。